グラボ性能を徹底比較! 2016年保存版!

パソコンを選ぶ際に注目するポイントがグラフィックボード。略してグラボです。
ゲーム、映像編集、VR(バーチャルリアリティ)などに使うPCグラボが必須と言えます。
ただ型番を言われても分からない、という方のために、3D Mark 11というソフトで計測したグラボの性能を一覧にしてみました。
スコアが3000以上あればかなり高性能、5000以上なら非常に高性能と言えます。

【測定環境】
・CPU : Intel Core i7-6700K
・メインボード ASUS Z170-A
・メモリ DDR4-2133 16GB (Corsair CMK16GX4M2A2133C13)
・SSD Crucial MX300 525GB (CT525MX300SSD1)

グラフィックス(型番) おすすめ スコア (3D Mark 11) 発売年度 価格の目安 短評
GeForce GTX1080 8GB ★★★★ 9481 2016 ¥75000 高価だが性能は文句なし 予算が合えば迷わずコレ
GeForce GTX1070 8GB ★★★★★ 8222 2016 ¥45000 性能が高く、コスパも良い 定番の人気グラボ
GeForce GTX1060 6GB ★★★ 5757 2016 ¥32000 手頃な価格のミドルレンジグラボ
GeForce GTX1060 3GB ★★★★★ 5469 2016 ¥24000 6GB版と比べかなり割安でコスパNo.1と言える
GeForce GTX1050Ti 4GB ★★★ 3668 2016 ¥19000 コスパの良いグラボ、予算を抑えるための候補に
GeForce GTX1050 2GB ★★ 2960 2016 ¥16000 割高感あり、もう少し予算を出して上のグレードを
GeForce GTX750Ti 2GB ★★★★ 1792 2014 ¥12000 手ごろな価格のロングセラーボード
GeForce GT730 1GB 538 2014 ¥8000 映像出力用に、性能は低いので割り切って使う
Radeon RX 480 8GB ★★ 4772 2016 ¥32000 性能の割に少し割高、セールなどで安く手に入れば
Radeon RX 470 4GB 4249 2016 ¥24000 価格が高く人気のないライン
Radeon RX 460 4GB ★★ 2042 2016 ¥17000 現状の価格ではコスパがやや悪い
Radeon RX 460 2GB ★★★★ 1880 2016 ¥13000 低価格のゲーム向けPCなら一考
Intel HD Graphics 530 ★★ 487 2015 物足りない性能だがYoutubeなどを見る程度なら問題ない

以下はこちらは現在もう売られていない旧モデルです。
当時15万円もした最上位ボードTITAN Xも現行モデルと比べると性能が霞みますね。
今ここにも載っていないボードを使っている人はそろそろ買い替え時かもしれません。
※ゲーミングではないPC、グラボが載っていないPCはIntel HD Graphicsなどのオンボードグラボと思われます。

グラフィックス(型番) スコア (3D Mark 11) 発売年度
GeForce GTX TITAN X 7636 2015
GeForce GTX980Ti 6GB 7849 2015
Radeon R9 Fury X 9693 2015
Radeon R9 390X 4908 2015
Radeon R9 390 4535 2015
Radeon R9 380 3084 2015
Radeon R7 360 1538 2015
GeForce GTX TITAN BLACK 5414 2014
GeForce GTX980 4GB 5814 2014
GeForce GTX970 4GB 4769 2014
GeForce GTX960 2GB 3234 2014
GeForce GTX950 2GB 2795 2014
Radeon R9 295X2 8623 2014
Radeon R9 290X 4595 2014
Radeon R9 285 2818 2014
GeForce GT740 941 2013
GeForce GTX780Ti 5078 2013
GeForce GTX780 4386 2013
GeForce GTX770 3585 2013
GeForce GTX760 2832 2013
GeForce GTX750 1567 2013
Intel HD Graphics 4600 384 2013
Intel HD Graphics 4400 277 2013
Radeon R9 280X 3382 2013
Radeon R9 270X 2454 2013
Radeon R7 260X 1716 2013
Radeon R7 250X 1232 2013
Radeon R7 250 863 2013
Intel HD Graphics 2500 142 2012

現在の最新のモデルでも高価なものから低価格まで性能には幅があります。
メジャーなベンチマークソフト3D Mark 11での結果を測定してみましたが、ゲームメーカーが出しているベンチマークソフトやGeforce系が得意なソフト、Radeon系が得意なソフトなど様々です。
スコアには±10%程度のばらつきはあります。
映像編集などの専門性の高いソフト上では必ずしもベンチマークに比例しないボードもあります。
シェーダコア数・メモリ帯域なども調べた上で検討することをおすすめします。

BTOパソコン ショップ価格比較ツール

BTOパソコンショップの価格比較ツールを作りました。
ドスパラ、マウス、パソコン工房、パソコンショップSEVEN、SycomなどのショップブランドPCを一括で比較・検索できます。
良かったら活用してください。

BTOパソコン価格比較ツール

BTOパソコン 価格 3万円未満を比較
BTOパソコン 価格 3万円以上~5万円未満 を比較
BTOパソコン 価格 5万円以上~8万円未満 を比較
BTOパソコン 価格 7万円以上~10万円未満 を比較
BTOパソコン 価格 9万円以上~12万円未満 を比較
BTOパソコン 価格 10万円以上~15万円未満 を比較
BTOパソコン 価格 15万円以上~20万円未満 を比較
BTOパソコン 価格 20万円以上~40万円未満 を比較
BTOパソコン 価格 40万円以上 を比較

ゲーミングPC を価格比較
ビジネスPC を価格比較
デスクトップPC を価格比較

BTOパソコン CPU Intel Core i7を比較
BTOパソコン CPU Intel Core i5を比較
BTOパソコン CPU Intel Core i3を比較
BTOパソコン CPU Intel Pentiumを比較
BTOパソコン CPU Intel Celeronを比較

ゲーミングPC グラボ Geforce GTX1080を比較
ゲーミングPC グラボ Geforce GTX1070を比較
ゲーミングPC グラボ Geforce GTX1060を比較

BTOパソコン最新のメモリ事情

16GBがおすすめな今のゲームPC事情

大容量な最新のDDR4メモリでオンラインゲームを快適にしよう

16GBがおすすめな理由

ゲーミングPCといえば、Windows 7 が出たことから 8GBが強くお勧めされたスペックで、現在でも8GBが良く勧められます。
ゲームだけをするのであれば、多くの場合8GBあれば本当に充分です。
しかし、Windows はゲームだけが動作しているものではありません。バックグラウンドに何かが動作しています。
特にオンラインゲームでは、コミュテイーも楽しむためにブラウザも利用しますが、ブラウザは技術の進歩に伴ってどんどん肥大化の傾向にあります。
ブラウザだけではなく、Webサイトも技術の進歩に伴ってどんどん肥大化してきています。
そのために、全く同じバージョンのブラウザーを利用していても、以前よりメモリ使用量が増えてしまうのが現状です。
より余裕を持った大容量メモリにすることで、ゲームをしながらブラウザにアクセスする等しても、快適に使うことができます。
ゲーム単体で使用するにも、16GBがおすすめな理由があります。
SSDやHDDから読み込むデータをキャッシュしてくれるためです。
Windowsには最小限のキャッシュシステムが存在し、一度読み込むと、ある程度の期間、デバイスではなくメモリから読み込む機能があります。
また、64bitネイティブゲームも最近少しずつ出てきています。より快適にゲームをするには、16GBにするべきです。
オンラインゲームですと、アップデートしてよりメモリを使用してしまうことがあります。

最新のDDR4がおすすめな理由

オンラインゲームをより快適にするために、一部の方にはリスクを顧みてセキュリテイー機能を導入しないという選択肢がありました。
確かに、セキュリテイースキャンを利用しないと、CPU利用率が減るだけではなく、メモリアクセス率が大幅に減り、かなり快適になってしまうことがあります。
しかし、今はインターネットには非常に多くの脅威があるので、セキュリティーソフトは切っても切れない関係になってしまいます。
ゲームを快適に動作させながら、セキュリティーソフトを同時に快適に動作させるには、やはり最新のDDR4メモリがお勧めです。
また、アプリケーションも肥大化して、より多くのメモリを利用してきていますので、より多くのメモリに対してより高速にアクセスできなければなりません。
ゲームソフトも肥大化してきていますので、このことが言えます。
DDR4メモリはDDR3メモリの2倍に動作速度を実現しています。
複数のメモリ帯域を利用するアプリケーションを同時に使用しても、より快適に動作させることができますので、ゲームをするPCこそイチオシです。
しかし、DDR4メモリにも欠点があります。
今まで利用してきたシステムから変更するのに、CPUとマザーボードの交換、場合によっては別のパーツの交換が必須になってしまうことです。
新しいシステムを構築するには、DDR4でパーツをチョイスしたほうが良いです。

オーバークロックメモリもお勧め

DDR3だからいって、あきらめることはありません。
DDR4が出る前のCore i7 Ivy Bridge、Haswell、AMD-FX ではオーバークロックメモリに正式対応しています。
DDR3-1600までが標準規格ですので、それ以上の帯域を持つのは非標準にように感じますが、後にJEDECのJESD79-3Dによって標準化されています。
CPUとマザーボードが対応していれば、メモリを差し替えるだけで少しですが高速化の恩恵が得られます。
CPUが対応していなくてもマザーボードが対応していれば、CPUとメモリを差し替えると大幅に高速化の恩恵が得られます。
実際にアップグレードしてみても単体アプリではあまり大差はありませんが、複数アプリを動作させていると、快適感が感じられます。
また、オーバークロックメモリは、DDR4の登場によって、より買いやすい値段になってきています。
PCのベースとなるマザーボードまでは交換したくないが、インターネットやオンラインゲームをより快適にしたい時にお勧めです。
インターネットの技術革新に伴ってブラウザも肥大化しています。
Webページもきれいに表示するために、肥大化しています。
よりきれいな、おもしろいゲームが出るとCPUも使いますがメモリも使ってしまいます。
オンラインゲームも、アップデートをすれば、ほとんどのケースでメモリをより多く使用してしまいます。
最新の高速な大容量メモリを使用して、快適なPCライフ、オンラインゲームゲームライフを過ごしてみてはいかがでしょうか

BTOパソコンショップSEVEN がアツい

パソコンショップSEVENのパソコンがおすすめ

BTOパソコンを専門に取り扱うショップで、10年以上の歴史もあり信頼性も高い大手ショップです。
良心的な価格と豊富なカスタマイズでBTOパソコンなら最強クラスの人気ショップでしょう。
安いだけでなく、高性能で送料無料やセール特売のサービスも豊富です。

手軽にカスタマイズが人気の理由

パソコンは複数のPCパーツで構成されていて、それぞれのパーツは各々相性や性能が違うので、組み合わせでパソコン自体の性能が変わってきます。もちろんパーツの価格も違うので、価格重視か性能重視かなどユーザーの気持ち次第で自分オリジナルのカスタマイズPCを作りことができます。
このようなカスタマイズPCを自分で作るマニアも多くいますが、手軽にカスタマイズPCを楽しみたい人に人気なのがBTOパソコンです。BTOとはBuild To Orderの略で、受注生産のことです。自作パソコンと同様にパーツを選ぶ楽しみがありながら組み立てる必要がありません。パーツの相性による動作不良もほとんど無く、もしあった場合もメーカーのサポート付きで安心です。
BTOパソコン専門店は、インターネットサイト上にたくさんありますが、エントリーモデルから、高性能のハイエンドモデルまでに豊富なベースラインアップやそれぞれのモデルと組み合わせるカスタマイズパーツ構成に特徴があり、ほとんどのサイトで多様な組み合わせを検討できるのでするのも楽しみながらオリジナルパソコンをつくることができます。

品質が高くても価格が安い

カスタマイズPCを作る人は、価格が安いことを重視した上で高性能パソコンを目指す人、予算にはこだわらず自分の目的にあった性能を追求する人(ゲームPCなど)に大きく分けるとができます。価格が安いことにこだわるユーザーは、用途によりますが、CPUやハードディスク容量、メモリの容量のカスタマイズが多いのですが、性能を追求するユーザーはハードディスクやメモリーは容量とともにデータ転送方式にこだわります。もちろんグラフィックボードはゲームユーザーにとってはカスタマイズ必須です。
BTOショップの中で、知名度が低いのですが、実は上級者にひそかに注目されているのがパソコンショップSEVENです。パソコンショップSEVENの一番の特徴は、同じ性能でも価格を安くカスタマイズができるところです。パーツの価格も安いのですが、OSやHDDもオプションで選択できるので、上級者にとっては本当に必要なものだけを選ぶことができます。Core i7搭載デスクトップのBTOを価格.COMで検索すると、安いものから高いものまで多くのラインナップが表示されます。特に安い価格帯はほとんどがパソコンショップSEVENのBTOです。このように品質が高いCPUを使ったモデルでも非常に多くの選択肢があり、安い価格帯のものを楽しく選べるのがおすすめの一番の理由です。

安いだけではなく信頼性も高い


このように、予算や用途に応じてパソコンのパーツ構成を細かくカスタマイズできることに加えておすすめのポイントがまだあります。
まず、送料ですが。購入金額に応じて送料が割引となるキャンペーンや限定モデルは送料無料などサービスも行われています。さらに、タイムセールや週替わりのウィークリーセールなどの特売が充実しています。随時サイトを訪れてチェックすることで、お得な送料でパソコンを手に入れることができます。さらに、その時に掘り出し物がないかセールをチェックしてみることでお得な送料で高性能なパソコンを低価格で手に入れることができます。
ヤフオクにも1円スタートのオークションで毎日多くの商品が出品されています。オークションなので1円スタートと言っても必ず安く落札できるとは限りませんが、ただでさえ安いショップ価格よりさらに安く購入できる可能性もあるので挑戦してみましょう。
10年以上前からの歴史や販売実績もあり、安いだけではなく信頼性も高いBTOショップなのでおすすめです。

まとめ

カスタマイズPCを自分で作るマニアも多くいますが、手軽にカスタマイズPCを楽しみたい人に人気なのがBTOパソコンです。BTOショップの中で、知名度が低いのですが、実は上級者にひそかに注目されているのがBTOパソコン専門店パソコンショップSEVENです。同じ性能のパソコンでも価格を安くカスタマイズができるところ、送料無料や特売などの顧客サービスが充実しおり、10年以上前からの歴史や販売実績もありおすすめです。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN

BTOパソコン備忘録 テイクワンについて

テイクワンのパソコンがおすすめの理由

パソコンを求めるならマイナーなショップですが、テイクワンがおすすめです。

生活に必要なパソコン

現代社会においてパソコンは必要不可欠なもので、仕事に、日常生活の中にと求められています。それゆえ購入を考える人も多いのですが、そういった時におすすめとなるショップが「テイクワン」になります。
マイナーなショップで馴染みのない人は店さえ知らないということもありますが、こちらはマニアの集まる2ちゃんねるで人気となっていて、少し詳しい人なら考えのひとつにいれるショップになっています。もっともマニアから人気となっていることから分かるように、置かれている品も一癖あるものが多く、初心者にはちょっと難しい上級者向けになっています。それゆえ簡単に手を出せるものではないのですが、少し詳しい人と一緒に購入すれば分かりやすく、自分に使いやすいものがカスタマイズしやすいのです。
パソコンは仕事から趣味まで幅広く使えるもので、この時に大切なのは自分にとって使いやすいものであることがあげられます。一般的なメーカーの品は普遍性があって、誰にでもある程度使いこなせることが条件になっていますが、自分好みにカスタマイズすることは難しくなります。それがテイクワンでは可能になるので、パソコンの購入先としておすすめになってくるのです。

カスタマイズに魅力を知ろう

テイクワンは上級者向けのパソコンを多く取り扱っていて、その中でも最大のポイントとなるのはカスタマイズ性が高いことがあげられます。取り扱い商品の中でパソコンのカスタマイズオプションがじつに多く、これが嬉しいと同時に少しだけ厄介で、組み合わせによっては物理的に購入しようとするパソコンに取り付けられないパーツでも購入できてしまいます。
それゆえ初心者にはおすすめできませんが、中級者以上上級者になってくると一般的なメーカー売りのパソコンでは物足りなくなってくるので、こちらがおすすめとなるのです。そして初心者であっても知識を持っている人がアドバイスしてくれれば購入することは可能ですし、自分好みにカスタマイズすることによって、使いやすさが格段にあがるのが最大の利点になります。
パソコンというのは最低限のハードとOSがあればいいというものではなく、必要なスペック、ソフト、さらに使いやすさも必要となります。キーボードひとつでもメーカーや製品によって違いがでてきますので、自分の好みのものを見つけると使い勝手があがり、効率性が高まります。これは重要な要素で、使用するからには使いやすいものを求めるもので、それにはカスタマイズが一番です。

リーズナブルな価格も人気

そしてテイクワンの魅力としてリーズナブルな価格設定もあげられて、それでいながら特注も可能なので自分の理想とするパソコンを作ることができるのです。ただパーツひとつひとつになると、他でも安価な店もありますので、値段を気にするなら比較が必要となってくるかもしれません。
ある程度の知識を持っている人間にとっては理想的といえますが、マイナス点もあって、マイナーなショップゆえにサイトが見づらい、選択肢が少ないといったものがあるのです。ただこれは初心者としての意見であることが多く、上級者の場合はリスクになることが少なくなっています。
また高額商品を購入する際に気になるのは保証期間ですが、こちらはパソコンの本体は1年間、パーツは10カ月間の保証がついています。また延長保証料金を支払えば最大で3年間延長することができるのです。ただ保証期間内でも個人経営で行っているのでレスポンス悪さがあって、ある程度の知識を持っていないと使い続けるのは難しいです。

まとめ

テイクワンは個人経営のパソコンメーカーになっていて、特徴はカスタマイズ性が高いこと、それゆえ中級者以上の知識を要していないと購入が難しいというものがあります。あまり知られていないショップですが2ちゃんねるのパソコン関係のスレッドで人気となっていて、価格に関してもリーズナブルで求めやすくなっています。
ある程度の知識があれば、安く自分好みのパソコンを組み立てることができるので、自信がある人にはおすすめです。