パソコンを選ぶ際に注目するポイントがグラフィックボード。略してグラボです。
ゲーム、映像編集、VR(バーチャルリアリティ)などに使うPCグラボが必須と言えます。
ただ型番を言われても分からない、という方のために、3D Mark 11というソフトで計測したグラボの性能を一覧にしてみました。
スコアが3000以上あればかなり高性能、5000以上なら非常に高性能と言えます。

【測定環境】
・CPU : Intel Core i7-6700K
・メインボード ASUS Z170-A
・メモリ DDR4-2133 16GB (Corsair CMK16GX4M2A2133C13)
・SSD Crucial MX300 525GB (CT525MX300SSD1)

グラフィックス(型番) おすすめ スコア (3D Mark 11) 発売年度 価格の目安 短評
GeForce GTX1080 8GB ★★★★ 9481 2016 ¥75000 高価だが性能は文句なし 予算が合えば迷わずコレ
GeForce GTX1070 8GB ★★★★★ 8222 2016 ¥45000 性能が高く、コスパも良い 定番の人気グラボ
GeForce GTX1060 6GB ★★★ 5757 2016 ¥32000 手頃な価格のミドルレンジグラボ
GeForce GTX1060 3GB ★★★★★ 5469 2016 ¥24000 6GB版と比べかなり割安でコスパNo.1と言える
GeForce GTX1050Ti 4GB ★★★ 3668 2016 ¥19000 コスパの良いグラボ、予算を抑えるための候補に
GeForce GTX1050 2GB ★★ 2960 2016 ¥16000 割高感あり、もう少し予算を出して上のグレードを
GeForce GTX750Ti 2GB ★★★★ 1792 2014 ¥12000 手ごろな価格のロングセラーボード
GeForce GT730 1GB 538 2014 ¥8000 映像出力用に、性能は低いので割り切って使う
Radeon RX 480 8GB ★★ 4772 2016 ¥32000 性能の割に少し割高、セールなどで安く手に入れば
Radeon RX 470 4GB 4249 2016 ¥24000 価格が高く人気のないライン
Radeon RX 460 4GB ★★ 2042 2016 ¥17000 現状の価格ではコスパがやや悪い
Radeon RX 460 2GB ★★★★ 1880 2016 ¥13000 低価格のゲーム向けPCなら一考
Intel HD Graphics 530 ★★ 487 2015 物足りない性能だがYoutubeなどを見る程度なら問題ない

以下はこちらは現在もう売られていない旧モデルです。
当時15万円もした最上位ボードTITAN Xも現行モデルと比べると性能が霞みますね。
今ここにも載っていないボードを使っている人はそろそろ買い替え時かもしれません。
※ゲーミングではないPC、グラボが載っていないPCはIntel HD Graphicsなどのオンボードグラボと思われます。

グラフィックス(型番) スコア (3D Mark 11) 発売年度
GeForce GTX TITAN X 7636 2015
GeForce GTX980Ti 6GB 7849 2015
Radeon R9 Fury X 9693 2015
Radeon R9 390X 4908 2015
Radeon R9 390 4535 2015
Radeon R9 380 3084 2015
Radeon R7 360 1538 2015
GeForce GTX TITAN BLACK 5414 2014
GeForce GTX980 4GB 5814 2014
GeForce GTX970 4GB 4769 2014
GeForce GTX960 2GB 3234 2014
GeForce GTX950 2GB 2795 2014
Radeon R9 295X2 8623 2014
Radeon R9 290X 4595 2014
Radeon R9 285 2818 2014
GeForce GT740 941 2013
GeForce GTX780Ti 5078 2013
GeForce GTX780 4386 2013
GeForce GTX770 3585 2013
GeForce GTX760 2832 2013
GeForce GTX750 1567 2013
Intel HD Graphics 4600 384 2013
Intel HD Graphics 4400 277 2013
Radeon R9 280X 3382 2013
Radeon R9 270X 2454 2013
Radeon R7 260X 1716 2013
Radeon R7 250X 1232 2013
Radeon R7 250 863 2013
Intel HD Graphics 2500 142 2012

現在の最新のモデルでも高価なものから低価格まで性能には幅があります。
メジャーなベンチマークソフト3D Mark 11での結果を測定してみましたが、ゲームメーカーが出しているベンチマークソフトやGeforce系が得意なソフト、Radeon系が得意なソフトなど様々です。
スコアには±10%程度のばらつきはあります。
映像編集などの専門性の高いソフト上では必ずしもベンチマークに比例しないボードもあります。
シェーダコア数・メモリ帯域なども調べた上で検討することをおすすめします。