BTOパソコンのメリット・デメリット

BTOパソコンはどこがいいのか

BTOパソコンは、カスタマイズ性など、その会社によって様々な特徴があります。

最新のPCパーツ~CPU~

やはり、パソコンを新しく買いたいというときはその時の最新のものがいいですよね。そこで、まずは最新のPCパーツの説明から行きたいと思います。
PCパーツは、主に「マザーボード」「電源」「メモリ」「CPU」「ストレージ」「ケース」があります。今挙げた物の最新PCパーツを紹介、説明していきます。
まず、パソコンを1度でも使ったことのある人は知っているでしょう「CPU」のことを説明したいと思います。「CPU」とは、パソコンの頭脳です。そのため、このパーツがパソコンの性能に直結するといっても過言ではないでしょう。
この「CPU」を作っている会社が「Intel」と「AMD」です。シェアは圧倒的に「Intel」のほうが上です。しかし、どちらの会社を選んでも問題ないでしょう。では、今回は「Intel」の最新「CPU」を紹介します。今は第六世代「Skylake」のものが最新です。型番の最後の数字が6000番台のものです。また、「CPU」にも種類があり、その中で性能ごとに分けられています。一般に使われる中で最高のものはi7、標準的な性能のものがi5、機能を少し削ったものがi3です。
最新のものはi7でしたら例えば、「Core i7 6700 Processor」などです。そのほかにもi5、i3それぞれたくさんの種類があります。

CPU以外の最新PCパーツ

先ほど長々とCPUについて説明しましたので、次はそれ以外のパーツについて説明していきたいと思います。
まずは、「メモリ」です。メモリはDDR4が最新です。DDR4の中でも規格がありますが、BTOパソコンの場合は会社がそのパソコンに合ったものを選んでくれるので気にしなくて大丈夫です。
次に、「ケース」です。ケースについてはケースが選べるショップがおすすめです。ケースは、前面の端子類の数や配置、そして何より外観を左右します。このような要素を自分好みにできれば一層自分のパソコンに愛着が持てます。だから、ケースが選べるショップがおすすめなのです。
そして、「電源」です。これのポイントは「電源にこだわろう」です。電源というのはあまり気にしてないかもしれませんが、パソコンパーツの中でも最重要パーツです。電源が不安定だと、ほかのパーツに負荷がかかり、パソコンが壊れる原因になります。電源は省エネ度でランク分けがされていたり、供給できる電力が変わってきます。この辺りもこだわるといいところです。
「ストレージ」は主にHDDとSSDに分かれます。データを記録するパーツです。これは、SSDのほうが値段が高いのですが、通信速度が速いので大容量が欲しい場合はHDD、速さが欲しい場合はSSDがいいと思います。
最後に、マザーボードですが、BTOパソコンを選ぶうえでこれは考えなくても問題ないです。

各BTOパソコンショップ

各BTOパソコンショップには、それぞれ特徴があります。
例えば、「マウスコンピューター」では組み立てはすべて長野の飯山で行っています。また、よくキャンペーンを行っており、通常よりも安い価格で買えることが多いです。紹介制度などもあり、Amazonのギフト券がもらえたりします。そして、延長保証も可能です。
そのほかにも、「ドスパラ」というBTOパソコンは最新パーツをいち早く取り入れ、納期もほかのBTOパソコンと比べて早いという特徴があります。また、商品の種類が豊富であると感じます。
「パソコン工房」なども有名です。「パソコン工房」は全国に70店舗以上あるので安心です。低価格高品質という特徴もあり、延長保証も可能ですので、信頼性は抜群にいいでしょう。
今挙げたBTOパソコンショップは有名なところで、ほかにもたくさんのBTOパソコンショップがあります。意外と、マイナーなショップに望みのパソコンが作れるところがあるかもしれません。

まとめ

ここまで、様々なことを、紹介、説明してきましたがまとめると、「最新PCパーツ」はCPUは第六世代、メモリはDDR4です。
「ケースが選べるショップがおすすめ」ケースが自分好みだと、そのパソコンにより一層愛着が持てます。
あとは、非常に重要な電源にこだわる。
最後に、BTOパソコンはカスタマイズできるところが魅力ですから、カスタマイズ性も考えてみることをお勧めします。また、延長保証があると安心できますよね。
この記事だけを読んで決めるのではなく、BTOパソコンショップにはそれぞれ様々な特徴がありますから、いろいろ自分で調べてみて、自分に合ったBTOパソコンショップを選ぶことが重要です。

SNSでもご購読できます。