BTOパソコンの知識 グラボを制す

VR時代の賢いグラフィックボード選び

市場ではオンボードが主流ですが、描画機能にこだわる人にとってはグラフィックボードが欠かせません。

GeforceかそれともRadeonか

最近のパソコンはマザーボードやチップセットにGPUを実装している製品が大半です。そのためグラフィックボードがなくても画面表示できるようになっています。
ただし、オンボードグラフィックにはそれほど高い性能が期待できません。重いゲームや動画を扱う場合などはどうしても力不足を感じてしまうものです。特に3Dゲームを楽しみたいという人にとっては、PCにグラフィックボードが欠かせないと言えます。最新ゲームほど高度なグラフィック機能を要求されますから、そうしたゲームをプレイするには高性能なグラボを選ぶことが欠かせません。
性能の決め手となるのは、グラフィックボードの心臓部とも言えるGPUです。GPUはグラフィックチップとも呼ばれており、現在ではNVIDIAとAMDという2大メーカーの寡占状態となっています。NVIDIA社のGeforceとAMD社のRadeonがパソコン向けGPU市場を二分しているのです。
GeforceとRadeonとの違いは、通常の使い方ではそれほど目立ちません。違いが出てくるのは重い画面処理が要求されるような場面に限られます。3D機能に特化したGeforceは、最適化されたゲームも多くドライバも安定しているためゲーマーに人気の高いGPUです。Radeonは2Dや動画機能も含めた総合力に優れ、同クラスの製品でも全般にGeforceより安いという点がメリットと言えます。

VRで注目される対応状況

以上のようなGeforceとRadeonの特徴を理解すれば、選び方のコツも見えてきます。自分がパソコンに何を求めているかによって、どちらのGPUが適しているかが決まってくるのです。ゲームばかりでなく動画や画像編集も重視する人なら、Radeonも選択肢に入ってきます。ゲームを最優先するならGeforceでほぼ決まりです。もちろんGeforceでも通常の動画再生には問題ありません。
その上でGeforceは、同価格帯のRadeonより3D描画機能で全般に高いベンチマークを叩き出しています。古い3Dゲームをプレイするならそれほどの差は感じないものですが、最新ゲームほどがGeforceが有利になってくるのです。
最新のGeforceは特にVRで注目が集まっています。ヘッドマウントディスプレイなどを使ってバーチャルリアリティの世界を実現させるVRは、3Dゲームの可能性を大きく広げる最新技術です。VRの技術を使えば、自分がまるでゲームの世界に没入したかのようにリアルな感覚を味わうことができるのです。
そんなVRの世界を体験するには、90fps以上という高いフレームレートで左右の目に1枚ずつの映像を映し出す必要があります。そのためVRは、3Dゲームの7倍というシビアな処理能力を要求されるのです。現状ではGeforceの方がVR対応でも先行しており、Radeonはその廉価版で対抗する展開となっています。

おすすめはGTX1070

3Dゲーム大好きというヘビーユーザーの間では、すでに最新モデルGeForce GTX1080が大きな話題を呼んでいます。VRを高いレベルで実現させるための機能に注目が集まっていますが、GeForceの最高峰に位置する製品のため実売価格は10万円近くに及びます。
その点ではGTX1080の下位モデルに当たるGTX1070が、バランスで有利です。GTX1080を搭載したグラフィックボードの実売価格がGTX1070より平均3万円以上も高いという現状を考えると、多くのユーザーはGTX1070を選ぶものと予想されます。GTX1070なら8GBの大容量メモリも備えているため、フルHDはもちろん4K動画再生にも力不足を感じることはありません。高画質動画からVRゲームまで楽しみたいという欲張りなユーザーにもGTX1070がおすすめです。
このような高性能GPUを導入する際には、当然のことながら電源に注意する必要もあります。GTX1070の推奨電源は500W以上となっていますが、CPUその他のパーツ構成でも変わってきます。電源が安定すればゲーム動作も安定し、快適にVRの仮想現実を楽しむことができます。

まとめ

以上で見てきたように、PCでゲームや動画を重視するならグラフィックボードへのこだわりも欠かせません。GeforceとRadeonでは特に3Dゲームをプレイする上での性能面で差が出てきます。2Dや動画編集など総合力を重視するならRadeonを選ぶのも現実的です。重い3Dゲームをストレスなしに楽しみたいという人は、世代の新しいGeforce搭載グラボを選ぶといいでしょう。
これからはVRの分野でリアルな仮想現実の世界を味わえるゲームが続々登場するものと予測されます。VRのリアルな仮想現実をできるだけ安く体験するには、バランスに優れたGTX1070がベストの選択肢と結論付けられます。

SNSでもご購読できます。