ゲーミングパソコンの最適解

VR(ヴァーチャルリアリティ)とゲーミングPCの最新事情

新型パーツで変わるパソコン

パソコンのグラボの重視でバーチャルリアリティを手軽に体験しよう

そもそもグラボを重視とは

「グラボを重視」グラボなんて言葉は、パソコンに詳しい人くらいしか知らないものです。なので、まずはグラボについて説明します。
グラボとはグラッフィクボードというコンピュータの部品の一つです。
このグラボには、GPUという映像系の処理を専門とした部品が組み込まれています。
このGPUは、パソコンの心臓ともいえるCPUと似たようなものです。
実は現在はほとんどのCPUにGPUが内蔵されておりノートパソコンでも画像処理はチャンとできます。しかし、このCPUに内蔵されているGPUは、グラッフィックボードに組み込まれているGPUよりも遥かに性能が劣ります。
なので、3DCG等高度な映像処理をするのには、グラッフィックボードの存在が必須であるといえます。
しかし、グラッフィクボードは大量の熱が発生する・その熱を冷ますためのファン等でサイズが大きくなる・電力消費が激しい 等の理由からノートパソコンには不向きであるといえます。グラッフィクボートを小型化しノートパソコンにも組み込めるようなものもありますが販売元がごく少数の企業のみが扱っていることやどうしてもコストがかかってしまう等の理由から持っている人は少ないでしょう。

新型グラッフィクボードGTX 1080

最近GPU制作会社の最大手NVDIAという会社から新世代GPU「GTX 1080」(開発コードネームNVDIA pascal)が開発されました。
ここで一つ言い忘れていましたがGPUとグラッフィックボードでは製造会社が異なります。 グラッフィクボードはNVDIA等のGPU制作メーカーが開発したGPUをもとにグラッフィックボードを製造しています。
さて、この新型GPUの登場で期待されるのがパソコンでのバーチャルリアリティです。
これまでの前世代GPU 「GTX980」や「GTX980ti」等と比べても性能が段違いに上昇しており、前世代ではできなかったことも容易くできると考えられており、そのGTX1080でできることで最も期待されているものがバーチャルリアリティです。
GTX1080内蔵のグラッフィクボードですが単体で一枚9万円前半から12万円以上とかなり高価ですが予算があるなら組み込んでもいいと思いますしGTX1080には9万円以上を払うだけの価値があるといえます。
ただ、BTO等の自作系のパソコンメーカーではそれぞれのパーツが安く仕入れることができるため最低で14万5000円ほどで購入することもできます。

グラボを重視したパソコンに必要なもの

パソコンにGTX 1080等のグラッフィックボードを組み込んだだけではパソコンもうまく作動してくれません。
GTX 1080を動作させるにはグラッフィクボード以外の物もアップグレードする必要性があります。
例えばCPUはもしIntel core i3 等の旧世代のCPUを使用しているのならCore i7かi5がおすすめです。
Core i7やi5はi3やpentiumなどのCPUの性能を圧倒的に凌駕しており今のハイスペックパソコンのほとんどにCore i7かi5が組み込まれています。
最近の新型CPUでおすすめのCPUは Intel core i7 6700kや Intel core i5 6600等が挙げられます。
このCPUの後ろについている「k」というアルファベットに疑問を感じた人もいるでしょう、この「k」はオーバークロックが可能ということを表ししています。
オーバークロックとはCPUにかかっている動作速度の制限設定を外し本来のスペック以上の性能を引き出すことです。

まとめ

まとめると新型グラッフィクボードの登場でパソコンでできることがさらに増えたので予算があればGPUとCPU両方のアップグレード、
GPUはGTX 1080がおすすめです。
CPUはCore i7かi5がおすすめでパソコンに詳しいならばオーバークロックが可能な「k」つきのものをお勧めします。
また、自作系のパソコンを販売しているBTO系のパソコンメーカーなら最新のパーツもありますし単体でパーツを買うより安く手に入るのでそちらもおすすめです。

ゲーミングパソコンのおすすめと選び方

ゲーミングパソコン自作時のおすすめ構成

ゲーミングパソコンを自作する場合に注意する点やおすすめのスペックを紹介します。

ゲーミングパソコンの自作を検討中の方へ

ゲーミングパソコンを自作しようと考えている方、自作したいけどなかなか難しそうと思っている方、そんな方々にゲーミングパソコンを自作する際の注意点やおすすめのスペックを紹介したいと思います。ゲーミングパソコンは、通常のパソコンに比べて高いスペックが必要なので、いざ作成してみたがプレイできない、ということがないようにしなくてはなりません。そこでまずしっかり確認すべき点は「自分がやりたいゲームに必要なスペックを確認すること」です。ゲームの公式サイトにプレイする上で必要な推奨環境が記載されているので、そちらで確認してください。ただ、推奨環境はあくまで推奨のものなので、できればそれより少し高いスペックのもので作成すると快適にプレイすることができます。特にCPU、グラフィックカード(グラボ)の2点は大きくプレイ環境に影響を与えるので予算の範囲内でより良いものを購入しましょう。逆に、これらがプレイに必要な環境に足りてない場合、画質などが著しく低下した状態でプレイすることになったり、最悪プレイできないという可能性もあるので、注意してください。次に、必要な各種パーツについて注意点とおすすめを紹介していきます。

CPUとグラフィックカードのおすすめ

まずCPUです。基本的にはクアッドコアCPUのものを購入しておけば間違いありません。推奨環境がデュアルコアCPUになっているゲームもまだ多いですが、ゲーミングパソコンに限らずクアッドコアCPUが主流となっているため、そちらがおすすめです。具体的な製品としてはIntelのCore iシリーズのものをおすすめします。また、より高品質でプレイしたい方には、Core i7のオーバクロックモデルをおすすめします。次にグラフィックカードについてです。グラフィックカードは様々なメーカーのものがありますが、基本的に中身はGeforceシリーズとRadeonシリーズの2種類です。Geforceシリーズのほうが種類が豊富で高スペックモデルも充実しているので、そちらをおすすめします。画質等は気にせず、普通にプレイするだけならGTX750くらいのものを購入しましょう。値段的にも比較的お手頃です。画質等をとにかく良い状態でプレイしたい場合は、最新のGTX1080がとにかくおすすめです。値段は高いですが、それに見合うだけの高品質を実現することができます。CPUとグラフィックカードは、ゲーミングパソコンを自作する上でかなり肝となる部分なので、予算と相談して最適なものを選びましょう。

その他のパーツのおすすめ

メモリは、プレイするだけであれば4GBから8GBあるもので十分です。より高スペックを求めるのなら16GB以上のものを選びましょう。また現在はまだDDR3が多いですが、DDR4を選ぶほうが高スペックであり、今後主流となるモデルなので、余裕があればこちらをおすすめします。ケースは、ミドルタワー以上の大きさのものを選びましょう。大きいサイズのほうがカスタマイズに汎用性を持たせることができます。また、ゲーミングパソコンはとにかく熱が最大の敵なので、冷却性の高いゲーミングケースを選びましょう。USBデバイスを多く使用する方は、USBコネクタ数にも注意しましょう。最後に電源です。容量が不足していたり粗悪なものを使うと他のパーツを巻き込んで故障の原因になるので注意しましょう。製品選びの際は、特に電力を消費するグラフィックカードに合わせて選びましょう。500Wから700Wあれば足りますが、高品質を求めるなら1200Wあると良いです。以上の点を注意して、快適なゲーミング環境を作りましょう。

まとめ

ゲーミングパソコンを自作しようとしている方は、まず必要な環境を確認しましょう。特に重要なのがCPU、グラフィックカードです。CPUはクアッドコアCPUのものを、グラフィックカードはGeforce GTX750以上のものを、メモリは4GBから8GB以上のものを選びましょう。また、メモリは4GBから8GB異常のものを、ケースはミドルタワー以上のサイズのゲーミングケースを、電源は500Wから700W以上のものを選びましょう。より高品質なゲームを楽しみたい人はこれらよりワンランク上の製品を選びましょう。

ゲーミングPCでできること、出来ないこと

快適な環境で遊べるゲーミングPC

BTOパソコンで自由にパーツを組みかえれば、快適にゲームが楽しめる

ゲーミングPCに適したパソコンとは

パソコンでPSO2やファイナルファンタジー14、ドラゴンズドグマオンラインを楽しみたい方の多くがぶつかる問題があります。それがパソコンの動作が遅いということです。ゲーマーの方の中には、動作が遅いのが気になって、パソコンを自作する方もいます。しかし、パソコンを自作する場合、ある程度の知識が必要です。初心者が何とかパソコンを自作してみたとしても、上手く電源がつくとは限りません。誰かの作り方を参考にしただけで作った場合、自作パソコンは動かない原因を探るのが知識がないと難しいのです。メーカー品のパソコンなら、買ったものにコードをつなげば動きます。壊れたらメーカーに依頼して、修理してもらえます。ですがメーカー品の場合、ゲーム中の動作が遅くなってしまうのです。ではゲームを快適に楽しみたい場合、どのようなパソコンを利用すればいいのでしょうか。
実はメーカー品と自作パソコン、両方のメリットをとったのがBTOパソコンです。BTOパソコンの場合、自作パソコンと同じように好きなパーツを選べます。パーツを選んで、あとは受注生産という形になるのです。そのため知識がない方でも、自分の好みに合わせてカスタマイズしたパソコンを入手できます。またBTOパソコンの多くは、1年の保証期間があるので、トラブルがあった時も安心です。

ゲームをするのに適した環境とは

実際にゲームをプレイするためのBTOパソコンを購入するとき、何を重視してパーツを選べばいいのでしょうか。1つ目のポイントは、CPUです。これは情報処理に関わってくるため、ゲームの読み込みを素早く行うためには欠かせない要素となります。2つ目のポイントであるGPUは、画像をキレイに見ることができるだけではなく、ゲームのキャラクターがスムーズに動くために必要です。そして3つ目のポイントが、情報を記憶するHDDやSDDの存在です。SDDの方が情報の記憶に優れているのですが、その分値段が高くなることも考慮しなければなりません。4つ目が、RAMです。これは、情報の切り替えに大きく関わってきます。複数の作業を同時処理することもあるゲームにとって、情報の切り替えは非常に大切な要素です。最後のポイントが、電源となります。電源で考えなければならないのが、出力の問題です。出力を高くすればするほど、機械の性能を高くすることが可能です。ですが出力の向上と比例して、電気代も上がります。
いいパーツを利用すれば、それだけ費用は高くなり、電気代も高くなったりする可能性を踏まえたうえで、どのようなパーツが適しているのか考えて選びましょう。

オキュラスリフトですら快適に遊べる

BTOパソコンで、自由にパーツを組み合わせたゲーミングPCを入手することで、快適な環境下で遊べます。例えば、動作が遅くなりがちなオキュラスリフトでさえも、快適な環境でプレイすることが可能なのです。頭に装着して立体的に画面を見ることができるオキュラスリフトですが、実は2画面の処理を同時に行っています。2つの画面を同時に処理するだけではなく、頭の動きに合わせた対応も行うため、どうしても動作が遅くなりがちなのです。推奨スペックでプレイしても、あくまで最低限の基準となってしまうため、より良いスペックのパソコンは欠かせません。
また3D制作を行うパソコンにも、高度な処理が求められます。特に細部にこだわって制作を行いたい方にとっては、ハイスペックなパソコンは必要不可欠です。3D制作のために必要なパソコンとゲーミングPCで気を付けなければならないパーツのポイントは、基本的には変わりません。初めてのBTOパソコンの場合には、どのパーツにお金をかければいいか悩むこともあるでしょう。そのような時は、実際にBTOパソコンを利用している方や、自作パソコンを利用している方の意見を参考にすることも大切です。

まとめ

パソコンでオンラインゲームを楽しみたい場合、どうしても動作が遅くなってしまいます。そこでBTOパソコンで、ゲーミングPCを受注生産してもらうのも1つの手です。CPUや電源に必要なパーツを自由に選択できるため、ゲームをするために適した環境のパソコンを入手できます。いいパーツを使用すると値段も高くなるため、スペックと値段のバランスを考えることが大切です。またゲームをするためだけではなく、3D制作を行うことを考慮する場合も、ゲーミングPCのときと気を付ける点は変わりません。