VR(ヴァーチャルリアリティ)とゲーミングPCの最新事情

新型パーツで変わるパソコン

パソコンのグラボの重視でバーチャルリアリティを手軽に体験しよう

そもそもグラボを重視とは

「グラボを重視」グラボなんて言葉は、パソコンに詳しい人くらいしか知らないものです。なので、まずはグラボについて説明します。
グラボとはグラッフィクボードというコンピュータの部品の一つです。
このグラボには、GPUという映像系の処理を専門とした部品が組み込まれています。
このGPUは、パソコンの心臓ともいえるCPUと似たようなものです。
実は現在はほとんどのCPUにGPUが内蔵されておりノートパソコンでも画像処理はチャンとできます。しかし、このCPUに内蔵されているGPUは、グラッフィックボードに組み込まれているGPUよりも遥かに性能が劣ります。
なので、3DCG等高度な映像処理をするのには、グラッフィックボードの存在が必須であるといえます。
しかし、グラッフィクボードは大量の熱が発生する・その熱を冷ますためのファン等でサイズが大きくなる・電力消費が激しい 等の理由からノートパソコンには不向きであるといえます。グラッフィクボートを小型化しノートパソコンにも組み込めるようなものもありますが販売元がごく少数の企業のみが扱っていることやどうしてもコストがかかってしまう等の理由から持っている人は少ないでしょう。

新型グラッフィクボードGTX 1080

最近GPU制作会社の最大手NVDIAという会社から新世代GPU「GTX 1080」(開発コードネームNVDIA pascal)が開発されました。
ここで一つ言い忘れていましたがGPUとグラッフィックボードでは製造会社が異なります。 グラッフィクボードはNVDIA等のGPU制作メーカーが開発したGPUをもとにグラッフィックボードを製造しています。
さて、この新型GPUの登場で期待されるのがパソコンでのバーチャルリアリティです。
これまでの前世代GPU 「GTX980」や「GTX980ti」等と比べても性能が段違いに上昇しており、前世代ではできなかったことも容易くできると考えられており、そのGTX1080でできることで最も期待されているものがバーチャルリアリティです。
GTX1080内蔵のグラッフィクボードですが単体で一枚9万円前半から12万円以上とかなり高価ですが予算があるなら組み込んでもいいと思いますしGTX1080には9万円以上を払うだけの価値があるといえます。
ただ、BTO等の自作系のパソコンメーカーではそれぞれのパーツが安く仕入れることができるため最低で14万5000円ほどで購入することもできます。

グラボを重視したパソコンに必要なもの

パソコンにGTX 1080等のグラッフィックボードを組み込んだだけではパソコンもうまく作動してくれません。
GTX 1080を動作させるにはグラッフィクボード以外の物もアップグレードする必要性があります。
例えばCPUはもしIntel core i3 等の旧世代のCPUを使用しているのならCore i7かi5がおすすめです。
Core i7やi5はi3やpentiumなどのCPUの性能を圧倒的に凌駕しており今のハイスペックパソコンのほとんどにCore i7かi5が組み込まれています。
最近の新型CPUでおすすめのCPUは Intel core i7 6700kや Intel core i5 6600等が挙げられます。
このCPUの後ろについている「k」というアルファベットに疑問を感じた人もいるでしょう、この「k」はオーバークロックが可能ということを表ししています。
オーバークロックとはCPUにかかっている動作速度の制限設定を外し本来のスペック以上の性能を引き出すことです。

まとめ

まとめると新型グラッフィクボードの登場でパソコンでできることがさらに増えたので予算があればGPUとCPU両方のアップグレード、
GPUはGTX 1080がおすすめです。
CPUはCore i7かi5がおすすめでパソコンに詳しいならばオーバークロックが可能な「k」つきのものをお勧めします。
また、自作系のパソコンを販売しているBTO系のパソコンメーカーなら最新のパーツもありますし単体でパーツを買うより安く手に入るのでそちらもおすすめです。

SNSでもご購読できます。