VR(ヴァーチャルリアリティ)とゲーミングPCの最新事情

新型パーツで変わるパソコン

パソコンのグラボの重視でバーチャルリアリティを手軽に体験しよう

そもそもグラボを重視とは

「グラボを重視」グラボなんて言葉は、パソコンに詳しい人くらいしか知らないものです。なので、まずはグラボについて説明します。
グラボとはグラッフィクボードというコンピュータの部品の一つです。
このグラボには、GPUという映像系の処理を専門とした部品が組み込まれています。
このGPUは、パソコンの心臓ともいえるCPUと似たようなものです。
実は現在はほとんどのCPUにGPUが内蔵されておりノートパソコンでも画像処理はチャンとできます。しかし、このCPUに内蔵されているGPUは、グラッフィックボードに組み込まれているGPUよりも遥かに性能が劣ります。
なので、3DCG等高度な映像処理をするのには、グラッフィックボードの存在が必須であるといえます。
しかし、グラッフィクボードは大量の熱が発生する・その熱を冷ますためのファン等でサイズが大きくなる・電力消費が激しい 等の理由からノートパソコンには不向きであるといえます。グラッフィクボートを小型化しノートパソコンにも組み込めるようなものもありますが販売元がごく少数の企業のみが扱っていることやどうしてもコストがかかってしまう等の理由から持っている人は少ないでしょう。

新型グラッフィクボードGTX 1080

最近GPU制作会社の最大手NVDIAという会社から新世代GPU「GTX 1080」(開発コードネームNVDIA pascal)が開発されました。
ここで一つ言い忘れていましたがGPUとグラッフィックボードでは製造会社が異なります。 グラッフィクボードはNVDIA等のGPU制作メーカーが開発したGPUをもとにグラッフィックボードを製造しています。
さて、この新型GPUの登場で期待されるのがパソコンでのバーチャルリアリティです。
これまでの前世代GPU 「GTX980」や「GTX980ti」等と比べても性能が段違いに上昇しており、前世代ではできなかったことも容易くできると考えられており、そのGTX1080でできることで最も期待されているものがバーチャルリアリティです。
GTX1080内蔵のグラッフィクボードですが単体で一枚9万円前半から12万円以上とかなり高価ですが予算があるなら組み込んでもいいと思いますしGTX1080には9万円以上を払うだけの価値があるといえます。
ただ、BTO等の自作系のパソコンメーカーではそれぞれのパーツが安く仕入れることができるため最低で14万5000円ほどで購入することもできます。

グラボを重視したパソコンに必要なもの

パソコンにGTX 1080等のグラッフィックボードを組み込んだだけではパソコンもうまく作動してくれません。
GTX 1080を動作させるにはグラッフィクボード以外の物もアップグレードする必要性があります。
例えばCPUはもしIntel core i3 等の旧世代のCPUを使用しているのならCore i7かi5がおすすめです。
Core i7やi5はi3やpentiumなどのCPUの性能を圧倒的に凌駕しており今のハイスペックパソコンのほとんどにCore i7かi5が組み込まれています。
最近の新型CPUでおすすめのCPUは Intel core i7 6700kや Intel core i5 6600等が挙げられます。
このCPUの後ろについている「k」というアルファベットに疑問を感じた人もいるでしょう、この「k」はオーバークロックが可能ということを表ししています。
オーバークロックとはCPUにかかっている動作速度の制限設定を外し本来のスペック以上の性能を引き出すことです。

まとめ

まとめると新型グラッフィクボードの登場でパソコンでできることがさらに増えたので予算があればGPUとCPU両方のアップグレード、
GPUはGTX 1080がおすすめです。
CPUはCore i7かi5がおすすめでパソコンに詳しいならばオーバークロックが可能な「k」つきのものをお勧めします。
また、自作系のパソコンを販売しているBTO系のパソコンメーカーなら最新のパーツもありますし単体でパーツを買うより安く手に入るのでそちらもおすすめです。

BTOパソコンの知識 グラボを制す

VR時代の賢いグラフィックボード選び

市場ではオンボードが主流ですが、描画機能にこだわる人にとってはグラフィックボードが欠かせません。

GeforceかそれともRadeonか

最近のパソコンはマザーボードやチップセットにGPUを実装している製品が大半です。そのためグラフィックボードがなくても画面表示できるようになっています。
ただし、オンボードグラフィックにはそれほど高い性能が期待できません。重いゲームや動画を扱う場合などはどうしても力不足を感じてしまうものです。特に3Dゲームを楽しみたいという人にとっては、PCにグラフィックボードが欠かせないと言えます。最新ゲームほど高度なグラフィック機能を要求されますから、そうしたゲームをプレイするには高性能なグラボを選ぶことが欠かせません。
性能の決め手となるのは、グラフィックボードの心臓部とも言えるGPUです。GPUはグラフィックチップとも呼ばれており、現在ではNVIDIAとAMDという2大メーカーの寡占状態となっています。NVIDIA社のGeforceとAMD社のRadeonがパソコン向けGPU市場を二分しているのです。
GeforceとRadeonとの違いは、通常の使い方ではそれほど目立ちません。違いが出てくるのは重い画面処理が要求されるような場面に限られます。3D機能に特化したGeforceは、最適化されたゲームも多くドライバも安定しているためゲーマーに人気の高いGPUです。Radeonは2Dや動画機能も含めた総合力に優れ、同クラスの製品でも全般にGeforceより安いという点がメリットと言えます。

VRで注目される対応状況

以上のようなGeforceとRadeonの特徴を理解すれば、選び方のコツも見えてきます。自分がパソコンに何を求めているかによって、どちらのGPUが適しているかが決まってくるのです。ゲームばかりでなく動画や画像編集も重視する人なら、Radeonも選択肢に入ってきます。ゲームを最優先するならGeforceでほぼ決まりです。もちろんGeforceでも通常の動画再生には問題ありません。
その上でGeforceは、同価格帯のRadeonより3D描画機能で全般に高いベンチマークを叩き出しています。古い3Dゲームをプレイするならそれほどの差は感じないものですが、最新ゲームほどがGeforceが有利になってくるのです。
最新のGeforceは特にVRで注目が集まっています。ヘッドマウントディスプレイなどを使ってバーチャルリアリティの世界を実現させるVRは、3Dゲームの可能性を大きく広げる最新技術です。VRの技術を使えば、自分がまるでゲームの世界に没入したかのようにリアルな感覚を味わうことができるのです。
そんなVRの世界を体験するには、90fps以上という高いフレームレートで左右の目に1枚ずつの映像を映し出す必要があります。そのためVRは、3Dゲームの7倍というシビアな処理能力を要求されるのです。現状ではGeforceの方がVR対応でも先行しており、Radeonはその廉価版で対抗する展開となっています。

おすすめはGTX1070

3Dゲーム大好きというヘビーユーザーの間では、すでに最新モデルGeForce GTX1080が大きな話題を呼んでいます。VRを高いレベルで実現させるための機能に注目が集まっていますが、GeForceの最高峰に位置する製品のため実売価格は10万円近くに及びます。
その点ではGTX1080の下位モデルに当たるGTX1070が、バランスで有利です。GTX1080を搭載したグラフィックボードの実売価格がGTX1070より平均3万円以上も高いという現状を考えると、多くのユーザーはGTX1070を選ぶものと予想されます。GTX1070なら8GBの大容量メモリも備えているため、フルHDはもちろん4K動画再生にも力不足を感じることはありません。高画質動画からVRゲームまで楽しみたいという欲張りなユーザーにもGTX1070がおすすめです。
このような高性能GPUを導入する際には、当然のことながら電源に注意する必要もあります。GTX1070の推奨電源は500W以上となっていますが、CPUその他のパーツ構成でも変わってきます。電源が安定すればゲーム動作も安定し、快適にVRの仮想現実を楽しむことができます。

まとめ

以上で見てきたように、PCでゲームや動画を重視するならグラフィックボードへのこだわりも欠かせません。GeforceとRadeonでは特に3Dゲームをプレイする上での性能面で差が出てきます。2Dや動画編集など総合力を重視するならRadeonを選ぶのも現実的です。重い3Dゲームをストレスなしに楽しみたいという人は、世代の新しいGeforce搭載グラボを選ぶといいでしょう。
これからはVRの分野でリアルな仮想現実の世界を味わえるゲームが続々登場するものと予測されます。VRのリアルな仮想現実をできるだけ安く体験するには、バランスに優れたGTX1070がベストの選択肢と結論付けられます。

BTOパソコン知識 SSDを知ろう

HDDは振動に弱く壊れやすいものです。そしてアクセスも遅く発熱して動作音もし省エネとも言えません。

SSDの特徴について

SSDはソリッドステートドライブの略語で記憶媒体のうちでもフラッシュメモリを用いるドライブ装置のことを言います。コンピュータに接続して起動ドライブや外付けドライブとしてプログラムをインストールしたりテキストデータの保存を行ったり、あるいは写真画像や動画、音楽データなどを保存することが出来ます。
これまでのHDDは磁気ディスクであり光学ディスク装置で光学的に信号の読み書きを行うものですがSSDの場合は半導体の素子に電気的にデータの記録や読み出しを行う為に高速に読み書きを行うことが出来ます。
HDDの場合にはモーターで回転するディスクの上を移動するヘッドがあることで、振動にも弱く、耐久性は余り大きいとは言えないものでした。
SSDは上記のものが無い為に消費電力が少なく、振動もなく耐衝撃性に優れ且つ駆動音も無くて熱も発生しません。
そして軽量かつ小型化することが可能で移動もこれまでのHDDに比べて簡易に出来ます。
ただフラッシュメモリは書き込みを行うごとに素子が劣化すると言われ、これに対しては書き込み位置が分散されるように自動化して寿命も伸ばせるようになって来ていますので寿命の心配は大容量化されることでほぼ心配はなくなっています。

SSDは普及するものかどうか

SSDは2012年のころからこの名前が聞かれるようになりました。そのころの主流は128GBから256GBぐらいまでが主流で、しかもHDDに比較して価格も高かったので、品質が良いことは分かっていても需要はそんなに多くはなかったものでした。
2016年現在においては容量単価はHDDが1GBあたり2.6円から10円ぐらいし、SSDの場合には27円から70円程度です。これでも2012年時点のHDDが3.0円から15円で、SSDが50円から100円してた当時から見るとこれは急速に単位容量あたりの単価は安くなりつつあると見られています。
現段階ではSSDが故障した場合にデータを復旧できるのかどうかについては技術がまだ確立されていないようです。
デバイス内にはメモリやコントローラも組み込まれているために一般のディスクドライブと同じと考えても良いものです。しかしUSBメモリやメモリカードはSSDには直接分類されない為にUSBSSDと分類されることもあるようです。
データへのアクセスの速度が速いということでデータのやり取りもスムーズに行くこととOSの起動ドライブにこれを採用することで立ち上がり時間が劇的に早くなるとも言われています。

SSDに関する豆知識としては

現在SSDは以前に比べて価格も下がりつつあり240GBの容量のものの場合は安いところでは6千円台で購入できるようになり250GBがおすすめではあります。現在のところは大容量のものでは約1TBのものも出ているようですが、安いところでも3万円前後はしているようです。
イベント行事などでビデオ撮影や写真撮影などの記録を保存して行く場合には250GBぐらいのものが丁度良いとされています。
タイプにはTLC、MLC、SLCという3種類がありSLCは価格が非常に高くて速度や耐久性に最も優れ、TLCは一番価格が安くて信頼性や速度も劣り、MLCはその中間ぐらいとされます。
規格サイズには1.8インチ、2.5インチ、mSATA、M.2などがあり2.5インチのものはノートパソコンで採用されているタイプのもの、1.8インチやmSATAのものはモバイルノートパソコンで採用されているもの、M.2はデスクトップ用のマザーボードにも搭載されて来ているもので最大10Gbpsで通信できるものとなっています。

まとめ

これまではHDDがパソコンの起動ドライブや外付けHDDなどで使われていましたが、振動に弱く耐久性も大きいとは言えないものでした。
その上熱を発したりランダムアクセス性も遅く省電力と言えなかったり動作音もするものでした。
SSDは方式も違いますが高速で低発熱、寿命が長いこともあって価格がどんどん下がっていることもありシェアを伸ばしているようです。
単位容量辺りの単価はHDDや以前のSSDに比較しても安くなって来ているのも事実です。故障した場合にこれが復旧できるかについては現時点では技術の確立はなされていないようです。

PCデポのBTOパソコンまとめ

ゲーミングPCはPCデポで相談しましょう

パソコン機器を扱うことで店舗を多く展開するPCデポではゲーミングPCをはじめ各種パーツなどを幅広く販売しています。

ゲーミングPCも購入できます

パソコンでゲームを楽しむのであればパソコンのスペックに注意が必要です。
最近のパソコンゲームは推奨している基本スペックが高いため、家電量販店などで販売されている一般的なノートパソコンやデスクトップでは十分なスペックを満たすことができず、ソフトを購入しても満足に遊ぶことができない場合があります。
そのためパソコンでゲームを楽しむのであれば、ゲームを楽しむことを前提としたゲーミングPCを用意しておくことをおすすめします。
このゲーミングPCはパソコン専門店などで扱っています。
その多くがいわゆるBTOとよばれるPCで、市販されている様々なパーツを組み合わせることによって高いスペックを誇るマシンとなっているのが特徴です。
BTOのメリットはパーツメーカーから販売されているパーツをユーザーが自分好みに組み合わせることにより、市販されているパソコンよりも自分が求めるスペックへと自由にカスタマイズできる点にあります。
例えばゲーミングPCを作成する場合には、市販のパソコンではスペック不足となりがちなSSDやメモリをはじめグラフィックボードや冷却ファンなどを増設することで、市販品では手に入らないゲームに最適なマシンを作製することができるのです。

初めての方や経験者にもおすすめのお店です

ゲーミングPCの作製は予備知識のない人にとってはハードルが高いため、まずは専門店が販売しているBTOパソコンを購入することをおすすめします。
専門店が販売しているゲーミングPCは専門知識を持つスタッフがそれぞれの目的に合ったマシン作製を行っているので、予算と必要となるゲームの基本スペックをしっかりと伝えておけば店頭でそれに見合ったPCを購入することができます。
そのためBTOの経験がない方はこのようなPCを購入すると失敗がありません。
BTOの経験のある方は、自分でパーツを購入して組み立てる方が予算を抑える点からもおすすめとなっています。
はじめてゲーミングPCを購入する方はもちろんのことBTOの経験が豊富な方にもおすすめなのが、全国展開でパソコンパーツを販売しているPCデポです。
PCデポではハイスペックなCORE i7やミドルスペックとなるCORE i5などのCPUをはじめSSDやメモリなど、BTOに必要なパーツが数多く取りそろえられています。
品ぞろえの良さは全国の専門店と比べても屈指の品ぞろえとなっており、探しているパーツなどを簡単に見つけることができる点も魅力です。
とくに定期的に行われるセールでは他店よりも大幅に割安となったパーツも販売されているので、格安料金で高スペックパソコンを購入することができるチャンスもあります。

サポートと品ぞろえが充実しています

PCデポの魅力は品ぞろえの良さにとどまりません。
一般的にパソコンの補償期間は短く故障部位も修理が高い傾向にありますが、PCデポでは購入したパソコンへの保証サービスなども充実しているので、購入した製品が故障した場合であっても長期間にわたり手厚いサポートが受けられます。
一般的にBTOなどの場合には保証サービスなどが受けられないことが多いのですが、PCデポであれば部品単位で補償を受けることができるのでゲーミングPCなどのパーツの交換を頻繁に行う人でも安心となっています。
PCデポではパソコンの知識が少ない人はもちろんのこと、ゲーミングPCの作製やBTO経験が豊富な方で十分に納得のいくサービスを受けることができます。
店頭での接客はもちろんのことメールや電話でのサポートも充実しているので、近くにPCデポの店舗が無い地域の方であっても安心して利用することができます。
はじめてゲーミングPCの購入を検討している方やBTOでパソコンの作製を行う方は、サポートと品ぞろえが充実しているPCデポの利用をおすすめします。

まとめ

パソコンゲームを楽しむ方やBTOによるパソコン作製を行っている方におすすめなのがPCデポです。
PCデポではゲーミングPCの販売やパーツの販売を全国展開で行っています。
品ぞろえの良さは全国の専門店と比較しても屈指となっており、気になるパーツが簡単に手に入るのが特徴となっています。
なかでもセールがおすすめとなっており、普段は購入できない高価な製品も格安で手に入れることができるチャンスとなっています。
またサポートも充実しており、BTO経験者はもちろんのこと初めてゲーミングPCの購入や組み立てを行う人であっても安心して購入することができます。

カスタマイズしたオリジナルPCを発注

オリジナルマシンを低価格で発注する前のコツと、ポイントについて

BTOなら初心者でも安心して活用可能

BTOパソコンのPCを発注するメリットとしては、自由度が高い事がポイントです。色々なパーツの中からカスタマイズを行ってオリジナルマシン組み立てしてもらうことができます。メーカーから販売されているパソコンとは違って発注の際に自由度があるため、オリジナルなマシンの組み立てを安全に行う事が可能です。BTOパソコンの場合にはショップがあらかじめパーツごとの相性に関するチェックを行っているため、相性問題でトラブルを起こしてしまう心配もなく、また万が一購入後にトラブルが生じてしまったとしてもサポートや保証が付いているためパソコン初心者の人でも安心して活用する事ができます。BTOパソコンに使われているパーツは、専門ショップで取り扱っているパーツから選んで組み込みされています。だから高品質で、安心して活用する事ができるマシンに仕上げられています。もちろん動作保証があるため、自作パソコンの組み立て時にありがちな「完成後にハードウェアのトラブルが生じてしまう」といった心配をする必要はありません。発注してパソコンが届いてからすぐに使う事ができる点も魅力的なポイントのひとつとなっており、自分で一から組み立てするパソコンとは違って手軽に活用する事ができる点もメリットのひとつと言えるでしょう。

スペックはCPU中心で選ぼう

デスクトップパソコンも、サーバーパソコンも、あるいはクリエイティブ用途として使われるパソコンもそうですが、まずはCPUのスペックに注目しましょう。パソコンはCPUが高速に動作する事ができるなら、他の全ての機能も高速に動作する事ができるといった特徴があります。だから例えばCPUにIntel社のCore2Duoが組み込みされていて、そこに8GBのメモリが搭載されているマシンと、最新型のCore i7による8GBのメモリが搭載されているマシンとでは、最新型のCorei7パソコンの処理がより高速になるといった特徴があります。CPUが高速であればあるほど、多くの処理を同時にこなすことができるといった特徴もあります。現行で最新型のオペレーティングシステムのひとつとなっているWindows10には、今後仮想化デスクトップの技術が組み込みされる事が予想されています。もしこの技術が標準搭載されるなら、CPUが並行処理を高速にできるかどうかがキーポイントとなってくる事は間違いありません。当然クアッドコア、オクタコア、ハイパースレッティングといった並行処理に有利な技術が搭載されている最新のスペック「Core i7の新型シリーズ」が高速処理に有利になると言えるでしょう。

どんなソフトを使うのかも重要

パソコンを買ってから、どんなソフトを使ってどんな作業をしたいのかを考えてから、パソコンの発注をするのも賢い選び方のひとつです。例えば年賀状作成やインターネット、メールの送受信を主に作業するというパソコンであれば、比較的リーズナブルなスペックとしてラインナップされている機種から選ぶ事もできます。もちろん高性能なスペックを選ぶ事で、購入後長い間活用する事はできます。しかしリーズナブルで価格が安いマシンは、クルマで言えば軽自動車タイプです。小回りが利き燃費が良く、それなりの速度で走ることができるといった特徴がそのまま当てはまります。インターネットやメールといった一般的な作業であればIntelならCeleronプロセッサやAtomプロセッサが搭載されているマシンでも十分対応が可能で、価格も安くオススメです。一方、ゲームやクリエイティブ用途として活用するパソコンなら、若干納期がかかる事はあるもののハイスペックなマシンから選ぶのがおすすめです。ハイスペックマシンにはnVidia社によるGeforceといった高性能GPUが搭載されており、高速処理が可能となっています。

まとめ

これからBTOパソコンを発注する際の注意点や、選ぶときのポイントについて考える時には、活用目的についてあらかじめ検討をしてから選んでみましょう。BTOパソコンにも様々なモデルがありそれぞれ価格帯も異なっていますが、役割を考えてから使う事によってより使いやすくなります。高性能なパソコンは当然ながら高機能なのですが、メールやインターネットといった一般的な作業だけであればリーズナブルな価格帯から選んでみるのも大切です。