BTOパソコン ツクモex.computerに斬り込む

老舗のツクモが販売するBTOパソコン

ツクモのBTOパソコンは使用目的に合わせた性能と機能を搭載しています

ツクモのプライベートブランドが大人気

日本でパソコンが一般的になったのはWINDOWS95というOSが搭載されたパソコンが発売されてからです。このパソコンによって誰でも簡単に使えるようになり、家庭やオフィスに導入されるようになったのです。またパソコンの普及によって色々なソフトが開発されたのです。その当時から今に至るまでパソコンに関する情報、製品購入、パーツ選びなどは常に秋葉原の電気街がリードしてきたといえます。秋葉原の電気街には大手から小さな小売店までがたくさん林立し、それぞれの特徴を前面に押し立ててお客を集めていたのです。しかしパソコンの環境の変化によって多くの店が撤退し、商売の中身を変えていったのです。その中にあって今もパソコン業界の牽引車となっているショップがツクモです。初心者から自作をするマニアに至るまで、ツクモを利用すればパソコンに関する全てを手に入れることができます。大手家電量販店のヤマダ電機系列になってからは、特に流通部門での便利さは一段と充実しています。日本全国どこからでもネット通販で注文できるようになっています。そのツクモで評判になっているのがeX.computerです。これはツクモのプライベートブランドです。

メーカーパソコンにはないBTOのメリット

このパソコンの特徴はBTOパソコンであるという点です。BTOパソコンというのは注文を受けて組み立てて販売する製品のことで、利用者が求めている性能を最大限に引き出すことができます。メーカーで販売されてるパソコンは誰でも使えるように多くのソフトがインストールされており、それを稼働させるに十分な性能のCPUを搭載しています。誰でも簡単に使える反面、不要のソフトが入っているので性能が十分に発揮できなかったり、使い勝手が悪かったりします。ツクモでは早い段階から自作パソコンに取り組んでおり、そのためのパーツを数多く取り揃えてきたのです。今日では自分の欲しいパソコンは自分で組み立てるという人が増えています。また自分では組み立てないが、自分に適したパソコンをオーダーしたい人のために人気になったのがBTOパソコンなのです。パソコンには色々な使い方があります。例えばゲームを楽しむためのゲームPCが欲しい人は、3D画像を楽しめるグラフィックカードが必要です。またワークステーションとして利用したい場合は、通常のパソコンよりもCPU性能を高めて、グラフィックス機能を高性能にする必要があります。このようにBTOパソコンではそれぞれの目的に沿った機能に特化したパソコンを受注生産できるのです。

安心と信頼の国内生産で保証が充実

ツクモのeX.computerは老舗のパーツショップならではのこだわりがあるBTOパソコンなのです。最大の特徴は国内工場で組み立て、検査を行っていることです。このため高品質な製品が短期間で製作できるのです。万一の故障の時のために1年保証や3年の延長保証を選ぶことができるので、安心して購入できます。特にパソコンのパーツというのはとてもデリケートなので不具合が起きやすいのです。低価格でBTOパソコンを購入しても修理費がかかるようでは、かえって高くつくことになります。その点、ツクモの製品は保証が充実しています。コストを重視したエントリーモデルとしてはAeroStream RM3J-A63/E2という製品があります。また家庭でも会社でも選べる製品としてスリムタワーモデルも用意されています。デスクトップだけでなくノートパソコンでもN1500Jシリーズが販売されているので、必要に応じたBTOパソコンを選ぶことができます。

まとめ

ツクモは秋葉原では老舗のパソコンショップです。ツクモのプライベートブランドであるeX.computerが人気を集めています。これはBTOパソコンで、必要な機能だけを組み立てた受注生産の製品です。最大の特徴は国内工場で生産、検査されている点です。安心と信頼性が高く、万一の保証も充実しています。ゲームPCやワークステーション用のパソコンを求めている人にとっては最適のBTOパソコンです。コスト重視のエントリーモデルからノートパソコンまで必要に応じて選ぶことができます。

失敗しないBTOパソコン選び パソコン工房編

パソコン工房についての話題

非常に魅力的なパソコン関連のことならここに相談しておくのがよいです

国内最大級のところを使う

最近は、とても多くの人々がパソコンを利用する時代になりました。そんな時代ですから、パソコンを購入する人も多いですし、パソコンを買い替える人もものすごく多くなってきています。これからパソコンを購入しようとするのであれば、できるだけ国内最大級の規模で、いろいろな商品を販売しているようなところを利用していくのが良いです。国内で最大級のメリットとしては、価格帯がかなり抑えられているので、値段が安いことが挙げられます。値段がかなり安いと内容が不安だという人もいますが、国内最大級規模で全国展開しているようなところですと、これはとても安心して利用することができます。全国展開しているレベルですと、かなり商品の数も多くなっています。商品の数が多くなっているということは、それだけ多くの商品の中から自分で好きなものを購入することができるというメリットがあります。これならば、確実に理想的な商品を購入できます。実際にインターネットを使ってチェックするとわかりますが、実に多くの商品が販売されています。ノートパソコン、ビジネスパソコン、デスクトップパソコン、その他にもいろいろな商品を購入することができます。それがパソコン工房です。

値段が安いところが魅力的です

やはり、大手であって、とても多くの商品を取り扱っており、しかもインターネット通販で購入できるとなれば、一般的なお店で商品を購入するよりも安く購入ができてしまいます。商品が安かったとしても、購入したあとのサポートが悪いということでは、全く意味がないことになってしまうのですが、ここはそのようなこともなく、購入したあと、何かあったときにもきちんと対応してくれますので、使い勝手は物凄くよくなっています。パソコン初心者の人にとって、購入すること自体がかなり苦戦することもあるのですが、万全のサポート体制が敷かれているので、安心して商品を購入することができますし、何かあったときにもきちんと対応してくれるところが大きなポイントになってきます。いわゆる、ここは至れり尽くせりといった感じなのです。そして、最新のパソコンも販売しておりますし、最新のものだけではなく、非常に古いかたのタイプも販売されています。ここまで幅広く取り扱っているので、自分がこれはほしいという商品を確実に見つけることができるようになっています。そして、パソコンだけではなく、タブレットやスマートフォンなどもいろいろと販売されており、魅力的なところです。

値段が安くてとても安心です

ここでは、いろいろなブランドの商品やメーカー商品が揃っています。画像のサイズであったり、価格帯であったり、いろいろな角度から自分がほしい商品を見つけ出すことができるようなサイトに仕上がっています。パソコンだけではなく、自作パーツであったり、周辺機器なども購入できるようになっていますので、使い勝手はよくて、パソコンの初心者だけではなく、上級者レベルの方にも、飽きの来ないサイトに仕上がっています。そして、どのような商品をとっても、とてもリーズナブルな価格帯になっているのもよい点です。そして、ここでは商品を購入するだけではなく、商品を買い取ってもらうこともできるようになっています。実際に、自宅まで商品をとりにやってきてくれて、査定を行ってくれるのですが、当然、データ消去などもあわせて行ってくれます。非常にスピーディーな手続きで対応してくれるところも大きなメリットになっています。もちろん、査定をしてもらうのには一切費用は発生しないようになっていますので、気軽に買取に関してお願いすることもできます。

まとめ

国内で最大級であって全国展開していて値段が安いところといえば、パソコン工房になってきます。ここでは、当然、さまざまな種類のパソコンを購入することはできますし、パソコンの購入だけではなく、買取なども併せて行ってくれます。メリット性の高いパソコンサイトと言えます。最新のタブレットなども販売されておりますし、中古でも人気のあるものも販売しています。アフターフォローもしっかりしているので、とても使い勝手が良いです。

BTOパソコン買うぞ ~マウスコンピューター~

初心者にもおすすめのマウスコンピューター

マウスコンピューターは多くの人が利用しているもので、株式会社MCJが運営しているところです

マウスコンピューターのパソコンとは

マウスコンピューターはテレビCMでもよく紹介されている、有名な大手メーカーで利用しているひとが多いです。
このメーカーの製品はパーツ選びがしっかりしており、一つ一つのパーツを吟味して質の良い物だけを使っています。
以前はマウスコンピューターというと、部品の問題をいわれることがありましたが今は改善されています。
特にパソコンの電源関係は他のメーカーよりも優れていることが多く、その影響で壊れづらくなっているので初心者にもおすすめです。
このメーカーでは色々な種類の商品を販売しており、低価格で購入できる商品から高いものまであります。
低価格で購入ができる商品の中には即日で購入できるものもあるため、急いで商品がほしい時に利用しやすいです。
マウスコンピューターのBTOパソコンは利用できる範囲が広く、色々なカスタマイズをすることが可能です。
特に特殊用途で利用する場合は簡単にビデオカードなどを増設できるため、いい条件の商品を利用することができます。
またこのメーカーではオンラインゲーム向けのBTOパソコンを販売しており、長時間のゲームでも対応できる商品を提供しています。
パソコンに慣れていない方がオンラインゲームをする時は、このメーカーを利用すると問題が起こりづらいです。

このメーカーが販売しているG-Tune

マウスコンピューターには変わったタイプのパソコンブランドがあり、G-Tuneと呼ばれています。
このパソコンのブランドは特殊用途のものを集めており、パソコンで仕事をする時に利用できるものを提供しています。
業務用に利用するパソコンとしては3Dグラフィックや、音楽などを作る場合に利用できる製品があります。
そのようなものを低価格で提供している所ですから、特殊な用途のパソコンがほしい時に利用しやすいです。
またこのG-Tuneでは高性能なノートパソコンも販売しており、ゲームなどの用途に使うことができます。
以前はオンラインゲームというとデスクトップタイプが主流でしたが、最近はノートパソコンでもプレイが可能です。
この頃のノートパソコンはデスクトップ並みの性能を持ったものもあり、省スペースでオンラインゲームを楽しむことができます。
マウスコンピューターで提供しているこのブランドでは、色々なカスタマイズが可能になっています。
オンラインゲームをする時はビデオカードが重要になりやすいですが、そのようなものも色々な種類から選べます。
CPUやハードディスクの選べる範囲も広いため、静かなタイプのパソコンを利用したい時にも使いやすくなっています。

マウスコンピューターの電源について

マウスコンピューターのパソコンは電源の質がいまいちだといわれることがあり、ネットでは今でもそのような意見があります。
確かに以前のマウスコンピューターはそのようなところがありましたが、今はそういう問題は改善しています。
今のマウスコンピューター自社で電源の調整をするようになっていて、質の良い電源を使ったパソコンを売っています。
電源はパソコンがおかしくなる原因になりやすいですから、このように調整をしたマウスコンピューターの製品は利用しやすいです。
いまでもマウスコンピューターの電源の質がいまいちという情報が、ネット上では見られることがあります。
しかしその情報は古いものですので今のマウスコンピューターならば、電源の問題は起こりづらいです。
特に性能のチェックはしっかりしており、厳しいチェックを通った電源しか利用をしていません。
また高性能な電源を選べるオプションもあるので、より良い電源を選びたい時はそのような製品を使うのも手です。

まとめ

マウスコンピューターは株式会社MCJが運営しているところであり、テレビCMでも紹介されている大手メーカーです。
このマウスコンピューターではBTOパソコンを提供していて、自分に合った商品を手頃な価格で購入することができます。
またマウスコンピューターにはオンラインゲーム向けのブランドがあり、特殊な性能の商品を提供しています。
そのような製品で使われている電源は質が良く、以前よくいわれていた電源の質がいまいちという問題を改善しています。

BTOパソコンは電源(PSU)選びが肝心

ハイエンドPCで意外と重要な電源の選定

そのPCパーツ選定、GPUやCPUのスペック重視だけで大丈夫ですか

適正な電源容量を持った電源を選ぼう

ハイエンドPCを構築するにあたって皆さんがもっとも重視するところはどこでしょう。CPUやGPUのスペックでしょうか、RAMの容量、それともHDやSSDなどの記憶媒体の反応速度でしょうか。実はそれらの陰に隠れてあまり目立ちませんが、適切な電源を選ぶことも非常に重要な事なのです。
まず、高性能なパーツは概ね大食らい(電力をたくさん消費)します。特にゲーミングPCなど高性能なCPUやグラフィックボードを積んだPCはそうでないPCに比べて多くの電力を消費するため、電源の安定供給のためにも適正な電源容量の電源を選ぶことが非常に重要になります。これが不足していると負荷をかけるといきなりPCが落ちたり、PCが最高のパフォーマンスを発揮できなくなったりします。通常は大丈夫でも、3Dグラフィックなどで負荷がかかると落ちてしまう場合もあります。そのパーツがどれくらいの電力を消費するかを見る基準としてはパーツのTDP(Thermal Digit Power)があります。これは熱設計消費電力の意で、この数字をみれば、そのパーツがどれどれくらいの電力を消費するか予測することができます。特に大きな電力を消費するのはCPUとグラフィックボードなので、この2つのパーツのTDPはしっかりチェックしておきましょう。

容量が足りていれば良いというものではない

最近ではテクノロジーの発達により、より高性能なパーツでありながらTDPが下がっているというものも多々あります。例えば、新しいCPUであるCore i7 6700のTDPは65Wですが、数世代前のCore i7 5960XのTDPは140Wもあります。またグラフィックボードもGeForce GTX 1080のTDPは180Wですが、同じく少し前のGeForce 690は300WものTDPとなります。よって、ハイエンドPCを作るときに少しでも電源容量を抑えたい場合はなるべくTDPの少ない最新パーツを選べば良いということになります。
また、電源選択の際は、容量だけが重要なのではありません。電源には品質によりグレードの違いがあり、「80plus認証」とは、電子機器の省電力化プログラムが認定する「交流から直流に変換するときの効率が80%以上」という意味になります。通常の電源の変換効率は70%前後ぐらいが平均値だが、80plus認証が付いている電源の場合、その効率は80%以上が保証されているということになります。この効率が高いと何が得なのかというと、電源変換の際に発生する熱が少なくなるということです。効率が悪い電源になればなるほど生まれる熱も多くなり、排熱用のファンなどもより大規模なものが必要になり、電源も余分に使うことになってしまいます。

安定性のあるPCを構築するためには

しかし、正式に認証を受けた電源を使った場合、排熱も少なくすみ、パーツの熱による痛みや余分な排熱用パーツの消費電力を抑えることができます。また、前述のゲームなど負荷の変化による消費電力の変化にも「80plus認証」を受けた電源であればより安定した電力を供給できます。また、PCの立ち上がりのスピードにも電源は影響を与えており、より高品質な電源パーツを搭載したPCの方が立ち上がり完了のスピードも幾らか高速化するという結果も出ています。SSDなどのような天文学的な高速化ではないですが、起動時に安定して電源を確保できるPCの方が使っていて気持ちの良いものであることは間違いないでしょう。また不安定な電圧のために壊れてしまうパーツも多く、そのためにも安定した電圧を確保するのは重要です。今まで述べたことは通常のPCでもメリットはありますが、より高性能なパーツを使っているゲーミングPCではより効果が大きくなる施策です。高性能PCを作る場合にはぜひ電源を意識してみてください。

BTOパソコン 静音ネットショップ レイン

私がBTOパソコンをレインで調達した理由

2ちゃんねるで人気にもかかわらず、一般的認知度は決して高くないレイン。もっと評価されるべき。

自由自在のカスタマイズ

BTOパソコンの最大の魅力は、自分が思うように仕様変更ができる点。家電量販店に置いてある、既に完成された製品を買わされる事にイライラしているタイプの人にとっては至福のサービスですよね。この手のショップは大概、ウェブ上でパーツを任意に選んで買うことができるシステムになっていますが、全てを自在に選べるという訳ではなく、カスタム可能な部分がある程度制限されていることも多いと思います。その点、レインの場合はほぼパソコンを自作するかのように、製品をフルカスタマイズできるという強みがあります。
また、「ここはどうしても自前のパーツを使いたい」という思いがある場合、別途料金はかかりますが、そのままレイン委送付すれば、取り付けもしてくれるようです。ごみを増やさない、地球にやさしいオプションですね(笑)。
まあ、そこまで自分で考えたいなら自作すれば、と言われそうな気もしますが、なかなか時間が取れないものなんですよね。横着したがる癖に一丁前に拘りがあるという、私のような面倒な人間にとっては、最適な店だと思います。
もちろん「何から何まで全部自分で考えるのは無理」という人には、フルカスタム以外のモデルもあるので、ご安心ください。

革命的なまでの静けさ

ここまで読んで、ちょっとレイン調べてみよか~と検索したあなた。サイト名を見て若干戸惑いませんでしたか。「静音ネットショップ レイン」・・・そう、実はこのショップは静音パソコンを推しに推してる店なのです。別に音なんか気にしねーよ、と思われるかもしれませんが、そういう人にこそ是非体験してほしいんです。
そもそも私自身、レインを選んだ理由としては「カスタマイズ性が高い」という一点だけで、静音かどうかなど大して気にも留めていませんでした。所詮音ですからね。スピーカーから音楽でも流してれば関係ないや、という感じでした。これがいざ、使い出すと凄いです。もちろん音楽を鳴らしていればあまりわからないですが、音量を絞った時の静けさには感動します。仕様的には騒音レベルは19デシベル程度。木の葉がかすれあう時の音の大きさとのことです。
唯一つ弊害があるとすれば、静音に慣れてしまうせいで他の端末に戻れなくなることでしょうか。それまで何の違和感もなく使っていた会社のパソコンの些細な音が、気になって仕方なくなります。
人間は無意識に静穏なもの、落ち着いたものを求めているのかもしれません。パソコンの快適性って、単なる操作性や読み込みスピードだけでは判断できないものですね。

リーズナブル&ハイエンドパーツ

BTOパソコンの、忘れてはならない魅力の一つは価格の安さです。普通に買った際に分捕られるマージンの量を、かなりの程度抑えることができます。パソコンに拘りを持っていて、思い通りに組み立てることに満足感を見出すようなタイプの人種でなくても、これは大きなメリットとして映るのではないでしょうか。
レインの価格はどうかというと、決して高価格ではありませんが、激安店と比べるとパーツによってはやや割高感を感じることがあります。ただこの店は定期的にセールがあります。セール情報は定期的にホームページを閲覧していれば掴むことはできますが、一番簡単なのは店長のブログをRSSリーダーあたりに登録するか、Twitterアカウントをフォローする事です。(完全に余談ですが、レイン好きの間では店長のブログが人気だったりします。個人的には野球ネタが好きです。笑)
また、製品の多様性だけでなく、その品質も良質なものが揃っています。ネットや業界関係者の中で評価が高いのは、ここが一番大きいかもしれませんね。

カスタマイズ性の高さ、リーズナブルな価格(セールを利用)、ハイエンドなパーツ、そして静音性、このあたりがレインの良さでしょうか。BTOのブランドというとDELLやドスパラ、パソコン工房などいろいろとありますが、レインはそれらに比較すると知名度でやや劣る印象があったので、応援の意味も兼ねてこの記事を書いてみました。何よりあの堂々たる静音っぷりを、みなさんに体感してほしいです。
「静かなること、レインのごとし」