BTOパソコンで最新CPUのパソコンを安く手に入れる

パソコンのCPU選びのポイント

一口にCPUといっても、様々な種類があります。ここでは有名なCPU同士の性能の違いを紹介します。

有名なCPUを販売している企業

日本でCPUを販売している会社のシェアは、ほぼIntelとAMDの2社であると言っていいでしょう。しかし、現在流通しているPCで、スペックが高いものはIntel Coreのものが多いです。というのも、Intel社のCoreシリーズの方がAMD社のCPUに比べ性能が良く、AMD社が性能競争についていけていない現状があるためです。そのため、専門的な作業や負荷のかかる作業(3Dゲームなど)をする場合などのハイスペックが要求される場面では、Intel Coreシリーズの方が処理速度も速いため、好まれることが多いようです。しかし、ExcelやWordといった、負荷がそれほど大きくはない作業をするだけの場合、AMD社のCPUでも十分なスペックを持つものはありますし、同じ中堅の性能を持ったCPUでもIntel Coreと比べて値段が安いものがあるというメリットもあります。AMD社のFXシリーズであれば、型番の数字が大きいもの(FX-8370や8320E)であれば、普通の作業をする上では十分なスペックを発揮します。ですので、BTOパソコンの使用目的に合わせて、必要なCPUの性能を見極め、選ぶと良いでしょう。

Intel社のCPUの性能比較

同じIntelが出しているCPUでも様々な種類のCPUがあります。有名なのが、Intel Coreシリーズ、Pentium、Celeronです。Celeronは価格の安さが売りのCPUですが、その分性能もかなり抑えられているので、軽作業用PCに向きます。
PentiumはCeleronとCoreシリーズの中間のスペックと言って良いでしょう。
最後にCoreシリーズですが、一般に他2つよりより性能が良いとされ、性能が良い順番に、Core i3・Core i5・Core i7と3種類あり、さらにその中で複数の型番に分かれています。同じCore i5でもピンからキリまで存在し、良い性能のものはCore i7に匹敵するものもあれば、Celeronと同程度となってしまうCPUもあります。ですので、i5だからスペックが足りるだろうとは信じずに、型番までよく見て比較する必要があります。ただ、Core i7に関しては、ほとんどの型番でi5などより高いスペックを持っています。動画の編集をしたり、3Dゲームなどをしたりするのであれば i7くらいのスペックは欲しいところですが、そうで無い場合はi5でもことは足りますし、さほど負荷のかかる作業をしないし、コストを抑えたいのなら、Pentiumを選択しても良いでしょう。

CPUを変えずにスペックをあげる方法

お金をかければもちろんハイスペックなCPUが買えますが、そうはいかない場合があります。そこで、お金をかけずにスペックをあげる方法があります。それがオーバークロックという方法です。CPUの性能の指標にクロック(周波数)と呼ばれるものがあり、数字が大きければ大きいほどハイスペックとなります。各CPUによってクロックの上限値が決まっていますが、上限値を超えてCPUを動かすことができます。これをオーバークロックと呼びます。この作業はコストをかけることなく行うことができ、さらにうまく行うと、一つ上のグレードのCPUに匹敵する性能を打ち出すことができるので、スペックを確保するのにかなり有効な手段といえます。しかし、メーカー規定の上限値を超えるということはそれなりのリスクはついてくることになります。例えば、発熱が大きくなったり、CPUだけでなくその他のパーツの寿命を縮めてしまったりすることにもつながりますし、最悪故障してしまうこともあります。ですので、過度な過信はしないほうが良いでしょう。

BTOパソコン ドスパラのバブみが高い

高性能のパソコンを購入する方法とは

ゲームも楽々こなせる最先端のパソコンを、お得に購入する方法をご紹介します。

パソコンのスペックと価格とは

パソコンは日々進化しています。最先端のパソコンは処理速度も速く、レスポンスも軽くストレスなく作業を行うことができます。もっとも処理速度が必要で重いとされているゲームなども、ゲーミングPCと呼ばれる強力なスペックをもつパソコンなら、楽々こなすことが可能です。もちろんゲーミングPCはその強力なスペックを活かし、ゲームだけでなく高画質の動画の処理やCADの処理など、どんな作業にも向いています。しかしネックなのはパソコンの価格です。
基本的にパソコンはCPUとメモリ、ストレージにゲームでは必須のグラフィックボードで構成されています。ひとつひとつに選択肢があり、高速の処理が可能なスペックであればあるほど、価格は高額となっていきます。簡単に言ってしまえば、処理速度などのスペックが上がれば、それに比例して価格も上がっていきます。また一般的なメーカーのパソコンは本体のスペックなどの構成だけでなく、それに加えてさまざまなソフトが含まれていて、当然ながら価格も高くなります。
そこで無駄なソフトがなく、スペックを追求するなら自作パソコンがオススメです。しかし自作パソコンというと敷居が高く感じる人が多いですが、ドスパラでは最新のスペックで構成されたオリジナルのパソコンがあります。

ドスパラの人気パソコンのスペックとは

ドスパラのオリジナルパソコンは、最先端のパソコンをお得な価格で購入したい人にオススメです。まずメーカー製のパソコンにない特徴としては、無駄なソフトが一切付属しません。もちろんOSは最新のWINDOWS10が選べるので、使いたいソフトだけを自分でチョイスできます。ではドスパラのゲーミングPCで人気の商品とスペックをご紹介します。
ドスパラで人気があるのはGALLERIAというパソコンです。CPUはインテルのです。このCPUは4コア8スレッドとなっていて、CPUのパワーが必要なゲームもストレスなく処理ができます。次にストレージも一般的に多く搭載されているSATAのHDDではなく、倍の速度が出るSSDを標準で搭載していて高速な転送速度を実現しています。そしてゲームをストレスなくこなすために、メモリもDDR4の8Gを搭載、期間限定で倍の16Gに無料で増設も可能となっています。“Core i7-6700”のハイパースレッディング・テクノロジーのCPUの処理速度と余裕の16Gのデュアルチャネルメモリ、SSDの高速な転送と最高の組み合わせとなっています。映像処理に必須のグラフィックボードも圧倒的な表現力をもつ“NVIDIA GeForce GTX 960”を搭載し、美しく高解像度の処理も可能となっています。

こだわりのデザインと安心のサポート

GALLERIAのパソコンは高性能なスペックだけでなく、それ以外の部分にもこだわりがあります。“インテル H170 チップセット ATXマザーボード”を収めるGALLERIA専用ケースは、インターフェイスと拡張性を考えてデザインされています。デザインは熱対策にも配慮されていて、高性能になればなるほどパソコンは熱も膨大になりますが、多数の冷却ファンと合わせて高い冷却性能を誇っています。他にも低重心でタフなボディ、メンテナンスも容易にできるように設計され、見た目がカッコイイだけでなく、実力も兼ね備えたデザインとなっています。
あとドスパラはカスタマイズができるので、細かく自分の用途に合わせたパソコンを購入ができます。そして販売しているドスパラは、サードウェーブという企業のグループ会社となっていて、サポートが悪いといったことはなく信頼ができます。修理や相談などのアフターサービスも万全で、商品は土日も出荷してもらえるのでオススメです。

まとめ

高性能なスペックが要求されるパソコンの購入は、ドスパラがおすすめです。無駄なソフトが一切なく、拡張性の高いマザーボードと高性能なCPU、そして余裕のメモリと高速のSSDで快適にゲームが可能です。また高性能のスペックのパソコンはゲームだけでなく、動画の処理やCADなど、どんな処理でも余裕で楽々とこなせます。
そしてアフターサービスが万全なサードウェーブが展開するドスパラでは、自分好みにカスタマイズが可能な、高性能のパソコンをお得に購入ができオススメです。

BTOパソコン役立ちリンク集1

BTOパソコンや自作PCに関する役立ちリンクです。

価格com BTOパソコンカテゴリ
http://kakaku.com/bto/

2ちゃんねるPC板 BTO購入相談室のテンプレとまとめWiki 主な購入先
http://bto2ch.wiki.fc2.com/wiki/%E4%B8%BB%E3%81%AA%E8%B3%BC%E5%85%A5%E5%85%88

BTO wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/BTO

PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/

ASCII.jp - 自作PC
http://ascii.jp/pc/

IT Media – PCニュース
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/

マイナビニュース 自作 / テクノロジ | パソコン (PC)
http://news.mynavi.jp/pc/jisaku/